STORY SIDE ACT2

東北のしがない会社員の本音の叫び

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
攻殻機動隊SSS3Dをこの間見てきた。
といっても、結構前になっちゃったけど。

SSSは大学当時、発売日に当然のごとくかって、
「部屋を暗くして、テレビに近づき、瞬きの回数を少なくした上で」しっかりと視聴しました。
映画でもないのにOVAでこのクオリティをやってのけるのはすごいなぁとおもっておりました。

2NDGIG後、9課を離れた少佐が再び、隊に復帰する話。

視聴のあと、3rdシーズンの到来を心待ちにしていました。

が、いつまで経っても情報がでない。
頼みの綱の神山監督も、東のエデンとか、攻殻とは別な方面で活躍されており、(いやそれはそれですげー面白いんですけどね)やる気配も正直ない。

もう、IGは攻殻は見限ってしまったのだろうか。
IGの石川プロデューサーが言っていた、「攻殻をIGの代表作にしたい」という発言はすべて完遂され、シンボルとしての作品でしかなくなってしまったのだろうか。
なんて暗いことをおもっていたときでした。

SSSの3Dが発表されたとのは。

3Dて、3Dにする意味あるのかな。
しかし劇場でSSSを拝見できるのは、それだけでも価値があることなのではないか。

と、自問自答しながらも、公開を心待ちにしたわけですが、
3.11の影響で、仙台での公演が延期になってしまったため、ずっと待っていたんですが。

3ヶ月ぐらいして仙台で復活した、直後にすぐに公開打ち切りwwww
流石に笑いました。
もう、東北でみることはできないのか!!

諦め、自棄酒といわんばかりに職場から強制的に買わされた発泡酒に手を伸ばしたそのとき、
東北地方に輝く、もう一つの笑い男マーク。
盛岡で、やってるではありませんか!
うひゃーっほーう。
盛岡なら仙台より片道1時間も早くいける!

これは行だな!と思い、休みを利用しすぐさまいってまいりました。

映画館は正直かなり年期のはいった映画館。
それもそのはず、全国的にも珍しい、盛岡にある映画館通りという、映画館が軒を連ねる場所にある映画館でしたので。
でも、設備はしっかりしていました。
音響もちゃんとしてたし、3Dも上映できるってことは機材はしっかりしたの使ってるっぽいです。

正直3D映画を見るのは初めてだったのですが、ほんとにあれなんですね、メガネつけてみるんですね。
ためしにちょっとだけはずしてみてみたら、ぼけて見える。
大きくぼけて見えるところは立体的に見えて、ぼけてないところは立体的には見えない仕組み。
おもしろいなぁと思いました。
が、メガネが上映中、ずれ落ちてきてなかなか大変でした。
結局メガネを押さえながら視聴することになりました;;

と、ながーーーーーーーーーーーーい前置きはこれぐらいにして、あとは簡単な感想をば。

うーむ!
いい意味で、おもっていた通りかなあと。
OPは新規に作られたものでこれはこれでよかった。
ですが、大筋ではそのまま。
作画、カットも特に新しい部分はなかったですね。
3Dにしたことでもっともよかったのは、やはり一人称視点からの、電脳の表示。
名前わからないですが、あの円くて青いやつ!
実際に電脳を入れたときの視覚てこういう感じになるんだろうなっていう、体験をさせてくれます。
攻殻みてると誰でも、電脳になったらなぁておもうものだしね。
あとはタチ日々の新作。
久しぶりにニヤニヤさせてもらいました。
正直そんなとこかなぁー。
終わった後感動っていうよりも、
「あああみたぁぁぁぁ(背伸び)」
ていうなんとなく義務みたいなもの果たしたような気分だったしww

でも、ファンとしてはこれを足がかりにして、攻殻の新作を!ぜひ!やってもらいたいものですな!!
スポンサーサイト
誰も見てないだろうケド書く日記。
いや、日記って本来そういうもんだろう、ヤス!!

そんなこんなで前回の日記がどんなのだったかすらわすれてしまったけど、とりあえず5月30日現在私はいきてます。
なんてぇか、たった2年でまさかの転勤の直後に、東日本最大の地震が起きたのはなかなかショッキングな出来事だった。
「生きてるといろいろなことがありますねぇ」
なんてことをほんとうにしみじみおもった。
今でこそ自分の生活はほとんどもどってきているが、家が流された同僚のひとってのもいるから、現実を見てしまうよねぇ・・。

自分がなぜこんなことになってしまったのか、なんてことはあまりかんがえなかったけどさ、大変や。
あれだけ、人の死がすぐ隣にあるっていう経験したのはほんとなかったことだなぁ。

いやでも、思い出してみるとわりと死にそうな目にはあってはいるよねぇ。
3年前には交通事故で死に掛けてるし、実際は無傷だけど、条件がよくなければ死んでたっていわれてたし・・・。

いきてること、今をせいかつできることって本当にありがたいことなんだなぁって。

はぁ・・・。
彼女ほしい。

まあ最近わかってきたんだけどね。
結局、自分がこういった境遇になっているのは、自分自身の性格とかにゆらいしてるんだろうな。
外見とかそういうノノ前に、人との接し方とか、コミュニケーション能力そういうのが特に自分にはたりないのじゃろうねぇ。
つってもじゃあどうすればいいてのはわからんからなんとも。

そういや前の職場の先輩が、
「いいか、まず風俗を呼びなさい。話はそれからだ」
なんていう風俗論なんてのを延々いってたな。

までもあれはあれで理にかなっているといわざるをえない。
女性をしらないから、奥手になってしまうし、不自然になってしまう。
多少なりともわかれば、接し方がわかってくるってのはやるね。

さて、今日は寒いからそろそろねるかね。
ひどいね日記。
誰も見ないからべつにいーんだけどさぁぁぁぁ

同人誌を作ることになった。
のだが、1年前は絵を練習したいとかのたまっていたのに、結局何もしてない不思議。
だから向上心がないっていわれるんだね。
てか自分がおもってるからしかたないね。

成り行きで、同人誌のデザイン(あくまでデザインだからな!?イラストは当然あいつが書くんだぞ!?)をやることになった。
やったこともなければ、考えたこともない分野だ。
でもま、なんでも相棒にまかせるのはどうかと正直常々おもっていたことで、彼ができないことをできればいいなとはこれはでずっとは思ってたことなんだよな。
実際それができてるとは思えないが。

そんなこんなで、簡単なレイアウトは考えてみることにした。
やるならきれいな感じにしたいとかってのはあるしな。

て、考えてみればすげー時間がないじゃないか!
どうしよう!?
え、あと半月!?

「やばい・・・」
なんかわりと以前にも同じようなタイトルあったような気がするけど覚えてません。
例大祭楽しみー。
以下何日もかけて休憩中に書いた台本

ナガレ
皆さんこんばんは。ゲームセンターどうでしょう、主任のナガレです
今回からゲームに関する企画ということで思い切ってタイトルも変えてみました


早いもので僕が初めてどうでしょう企画に参加したのが半年前です
前回はゲストでしたが今回ついに主役に抜擢されました
まああれです
冬でもやれる企画てことでやってみたそうでゲームといえば自分だとディレクターは言ってたんですが。うーんどうかなぁ。
あ、今回ですね。自分を企画中はディレクターと呼ぶようにと奴がが言っていたのでこうよんでるだけです。なにやら並々ならぬこだわりがあるそうですが私にはさっぱりですね

とりあえずわかってるとは思いますがこの企画は毎回違うゲームタイトルに様々な挑戦をしていくというものです


いやぁ、僕ゲーム好きな人間なんですけどこの企画でゲーム嫌いにならなきゃいいけどなぁ
まあ日が暮れる前には終わらせてみせます

ここ本家的には完全な振りですね。
もしこれが使われた場合長期戦になるということです
怖いなぁ
使われたくないなこのセリフ

あ、ちなみにここまで全部台本です
言霊がないのわかったかなぁ


D
それでは今回係長補佐に挑戦してもらうソフトを発表したいと思います


三春
いきなり入ってきたな
ちゃんとクリアできるものを選んだんだろうな



D
今回ですねゲームを選ぶにあたり皆さんにアンケートをとったと思うんですが、覚えてらっしゃいますか

ナガレ
ああとったねぇ

D
その中でナガレさん何をやりたいっていいました


ナガレ
なにって、僕の得意ゲームはアクションでそのなかでもロックマンとゴエモンをやりたいって

D
おっしゃいましたね

ナガレ
はい

D
その中から今回はゴエモン…ではありません
ナガレ
なんだよ!やめてくれよそういうの




なんかを計画してるとそれだけで生きる活力になるんよね
ちゃんとできればいいんだけどなぁ

ちなみに機材の問題はほぼ解決済
あとはやるだけ!

頼んだぞわほ!
あと天気な!
もう一人の彼は……………多分難しいなぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。