FC2ブログ

STORY SIDE ACT2

東北のしがない会社員の本音の叫び

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
自分はBETA(宇宙人)に地球が侵略されている世界の住人だった。
ちなみに「BETA」とはこういう異性人。
人型?
ちなみに「インディペンデンスデイ」の比じゃないくらいの敵がうようよ出てきます。
「闘いは数だ!」
と別次元の人間が言ったようにまさしく人類は窮地に経たされていくのです。

話を戻しそんな世界に生まれ育った兵士の自分。
このとき世界のほとんどの地域がBETAに占領されていたが、人類は抵抗を決して辞めなかった。
当時、人類の主力兵器が「戦術機」とよばれる対BETA兵器である。
全高約18mの人型兵器で、人類は最後の抵抗を続ける。
自分もまた戦術機を操る兵士なのだった。

ここでやっと夢の内容に入る。

※以下の内容は「マブラヴオルタネイティブ」のストーリー、世界観とはまったく関係のない、脳みその余った部分でしかも無意識下に生成してしまったとんでもストーリーです。
本家「マブラヴオルタネイティブ」とは似ても似つかないものとなっているため、ご了承いただくようおねがいいたします。


唐突であるが、なんとここで自分は
時空移動
を成し遂げてしまう。

自分が飛ばされたその時代はBETA侵略が始まって間もない地球。
BETAもちっちゃいやつしか存在せず、人類は生身で戦いを挑んでいた。
気が付いたときには自分も何故か軍に編成されBETA進軍の防衛のため、大勢の仲間と共に基地内を走り回る。
装備はまるで旧日本軍。
フルオートのライフルではなく、単発のライフル。
その代わり人の数が多い事多い事。
間違いなく数千人規模。
ついに基地外に出て防衛線スタート。

したと同時に自分は正気を取り戻す。
「こんなことをしていては負ける!この基地のどこかにあるはずの戦術機のプロトタイプを探し出さなくては」
と意味の分からないひらめきを出し、再び基地の中へ。
その途中日本軍の装備のみならず武者姿まで戦っていた。

基地の中を探しているとき、何故か男と女が合流し、探し回る。
まさにハリウッドばりの展開だ。

そんななか基地の一番上まで来た際、ついに情報をつかんだ。
「ここにはないよ?」

衝撃的な食堂のおばちゃんの一言。
だが私は直ぐに行動に移す。

この基地をダメだと思った自分は基地を放棄。
一緒にいる女性と共にハンググライダーで脱出。
男は放置した。

どこかにあるはずの戦術機のプロトタイプを求め、二人で旅に出たのである。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gmgm.blog46.fc2.com/tb.php/439-593c944e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。